BBQチキンウィング

アメリカでのカジュアルな食事と言えばハンバーガーとピザが東西両横綱として不動の地位を占めておりますが、あなどれない大関にチキンウィングというのがあります。

IMG_1699

あまーいバーベキューソースをたっぷり塗ってオーブンで焼いて、手をべたべたにして食べましょう!

チキンウィングいろいろ

鳥の手羽先、チキンウィングはアメリカでも安価で人気の食材で、各地にウィング専門のチェーン店があったり、ほとんどのカジュアルなレストランのメニューに載っていたりします。日本ではアッサリと塩味で焼いたものが王道ですが、アメリカでは油で揚げてからソースに絡めるものや、ソースを塗りながらオーブンで焼くことが多いです。

特に油で素揚げした後で辛口のソースに絡めるバッファローウィング(Buffalo wings)が有名ですが、これはニューヨークのバッファロー市が発祥です。この他にも各地で「テキサスじゃトマトベースのピリ辛ソースさ!」とか「カンザスシティは糖蜜使ったコッテリ系だよ!」とかご当地ウィングが愛されているそうですし、各チェーン店でオリジナルのフレイバーがあったりします。

私のレシピはコッテリアマアマ&ちょっぴりスパイシーなバーベキューソースを塗りながらオーブンで焼く、いかにもアメリカーンな感じです。焼き鳥をタレで食べる人を見下す塩厨な人とかにはおすすめできませんねー。

材料
手羽先 12本
オレンジママレード おおさじ山盛り2
黒糖 おおさじ山盛り2
はちみつ おおさじ1
塩 小さじ1/2
しょうゆ おおさじ2-3
酢 おおさじ3
カイエンペッパーもしくはホットチリペッパー 小さじ1 (好みで増減してください)
クミン、カルダモン もし手元にあれば各少々

スパイスは好みで加減してお好きなものを使ってください。しょうがやにんにくを入れるのもアリです。ペッパー系で辛くするのが普通ですが、アジア系料理によく使うホットソースを少し混ぜるのもまたおいしいです。チャイナとかのファストフードに必ずあるアレ、けっこういろいろ使えて便利。

IMG_1685

オレンジママレードは低糖とか甘さ控えめとかでないほうがいいです。オレンジとしょうゆって実はとてもよく合いますよね。

しかし「うっわー甘そー」とか思うでしょ?でもこのくらいじゃないとアメリカのスタンダードには届かないのよ。表面がツヤツヤ香ばしくカラメル化してもらうためにも糖分けっこう必要だし。

IMG_1684

砂糖にママレードにはちみつ。熊のプーさんでも胸焼けしそう。

作り方

10分ごとにソースを塗りながら、全部で45分ほど焼きます。オーブンによってクセもあるので、設定温度は参考程度にし、様子を見ながら焦げたりしないように温度を調節しつつ焼いてください。

また、オーブンに入れる前に一度、焼いている途中に4度の、あわせて5回ソースを塗ります。5回塗ったところでソースがすべてなくなるとベストなので、一度に1/5くらいを使うように加減して塗ってください。

1) まず焼き板にアルミホイルを敷いて軽く油を塗っておきます。オーブンを350度(華氏)(摂氏なら180度)に温めます。ノンスティックとかシリコンとかのものでも、一応アルミホイル敷いた方がいいと思います。流れ出る鶏の油と多量の糖分が焦げ付きやすいです。

2)手羽先以外の材料をすべてボウルに入れ、よく混ぜます。
IMG_1686

これがアメリカ人のいわゆるバーベーキューソースです。

3)天板に手羽先を並べ、2)のソースを刷毛で塗ってオーブンに入れます!

IMG_1691

「最初の10分はソースを塗らない方が皮がパリッと来ておいしい」というレシピを見かけたので半分ははじめにソースを塗らずに焼いて見ましたが、ぜんぜんパリッともしませんでした。最初から全部ソース塗ってよし。

ついでですが、でかいオーブンを鶏だけ焼くのに使うのがもったいない気がするので、付け合せに野菜をローストすることにしました。

IMG_1692

そのへんに余っていたハンパな野菜を適当に切って、塩こしょう、オリーブオイル、砂糖ひとつまみとハーブを適当をまぶしたのを一緒に焼いちゃいます。今回はじゃがいも、ズッキーニ、たまねぎ、トマトをローズマリー風味で焼きましょうか。

4){この時点で10分経過}10分経ったらオーブンから取り出して、再度ソースを刷毛で塗りましょう。

IMG_1693

このとき、天板に焼きついてしまわないようにすべての手羽先を少しずつ動かしてあげてください。ついでに野菜もかき混ぜて、底に引っ付いてしまわないようにしてあげましょう。

5){この時点で20分経過}その後10分経ったらまたオーブンから取り出し、手羽先をひっくり返してソースを塗り、またオーブンに戻します。

IMG_1696

やっぱり裏側だって味が付いていてほしいもの。

6){この時点で30分経過}そして更に10分後、再度オーブンから取り出し、またすべての手羽先をひっくり返してソースを塗り、オーブンに戻します。

7){この時点で40分経過}そして更に更に10分後、これでソースを塗るのは最後です!残っているすべてのソースを塗りましょう。
そしてオーブンの温度を400度(華氏で。摂氏なら200度)に上げ、高温で一気に表面を香ばしくカラメル化するのです!時間は5分くらいで充分でしょう。ちょっと目を離して焦がしたりしないように気をつけて!

8) {この時点で45分経過}五分後、キレイな焼き色がついていたらできあがり!

IMG_1699

さあどうです!香ばしくツヤのある焼き色がいかにもそそるでしょう?そしてすごくいいニオイ!好みによってはもっと濃く焼き色をつけてもいいでしょう。

そして野菜のローストもほぼ同時に出来上がった間の良さに満足!いや私の段取りの良さですね、特筆すべきは(倒置法で言うほどのことかい)。

IMG_1703

それでは冷えたビールでいただきまーす!

IMG_1701

アツアツアツ。この甘口のソースが絡んでいる鶏皮LOVE!オレンジの風味がなんとも言えない。焼きたては肉もフカフカで骨から外れやすく、肉汁がじゅわっと流れ出るジューシーさが日本の焼き鳥にはないおいしさ!もちろんアメリカ人にも喜ばれるし、日本人が食べてもこれはこれでウマイと思ってもらえます。

高級でも上品でもないお料理ですが、紙タオルで指先をぬぐいながら仲良しさんとおしゃべりしつつ食べるとほんとに楽しいしおいしいし、ビールにもとってもよく合います。手羽先はコラーゲンが豊富な美肌食材でもありますのでぜひお試しください!

こちらの人にもウケそうとか思ったので、英語のブログにも載せちゃいました。よければどうぞー。Orange Soy Sauce BBQ Wings

このレシピいいな!と思ったらクリックしてね。

料理 ブログランキングへ

BBQチキンウィング」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Orange Soy Sauce BBQ Wings | cooklikejapanese

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中