日別アーカイブ: 01/04/2013

ドライハーブとミルクのポテトグラタン

肉や魚料理のつけあわせにじゃがいもはありがたいけど、「粉吹きイモじゃそっけない、マッシュポテトはめんどくさい、ベイクドポテトを焼いてる時間もないし揚げじゃがいもはデブが加速する・・・アアン!」と困ってしまったときには牛乳とポテトで作るとってもおいしくてオシャレなグラタンなんかどうですか?スライサーとオーブンが必要だけど、道具だけあれば簡単にできちゃいます。

IMG_0374

続きを読む

レバカツ

「苦手な人でも食べられます」というアオリ言葉が使われる食材としてゴーヤと覇権を争っているレバー。よっぽどな偏食でもなきゃキライなものは無理に食べなくていいじゃんと思うのですがここではあえて言わせてもらおう。レバー嫌いでもおいしく食べられる、そしてレバー好きさんなら箸が止まらないレバーのレシピです。

IMG_1373

続きを読む

洋食屋さん風本格カレー

星の数ほどレシピがあり、また各家庭でのコツとかこだわりとかが譲れないレベルに大事にされているというマッチョなイメージを持つ一方で、中学生女子や一人暮らし一年生男子のはじめてのお料理にはまず間違いなく選ばれるという親しみやすさ・・・それが日本の国民食、カレー。私のレシピはスタンダードな洋食屋のビーフカレーです。

IMG_1290
スープもルーも手作りしちゃうよ!

続きを読む

牛首骨のスープストック

日本ではめったに売っていませんが、アメリカではスーパーなどにも牛の首の骨がパックに入って売っています。スープをとるのにとってもいい部位です。
IMG_2491

続きを読む

いつものギョーザ

ギョーザって、毎日お料理するでもない男の人が自称極めた系レシピを誇示するお料理ナンバーワンですよね。皮はお湯で練って二時間寝かせてから伸ばせとかバラ肉を包丁で叩けとか、毎日毎日買い物から後片付けまでを三食用意してから言ってみろっつーの。

IMG_1741

というわけで何の変哲もない、忙しい毎日のおかずとしての我が家のギョーザです。

続きを読む

チキンとピーチのスパイスビネガー

「酢豚にパインとかわけわかんねーよな!」と同意を求められて恋から醒めてしまった経験、ありませんか?「なにこの人?フルーツのスッパさわやかな甘さと香りは肉と合うはずないとかいうしょうゆ万能固定概念に支配されてる?生ハムメロンもフォアグラいちじくも、鴨のオレンジソースも子羊背肉のりんごソースかけとかもダメとか言うわけ?興ざめすぎ・・価値観とライフスタイルの違い決定的!」という経験、私はあります。なんて独善的かつ偏見に満ちた女なんだ!とかいうレスポンスは一切無用なのですが彼はそれ以外にもいろいろダメ雄だったことをご想像の上ご理解ください。

IMG_0846

続きを読む

クラムとオイスターのカクテル

非常に鮮度のよい食材が手に入った場合、日本人はできる限り手をかけず迅速に素材を活かして食し、中国人は干したり燻したりしてできる限りの時間と手間をかけて食し、フランス人は同素材をその倍量使ってソースを作る・・・とかいう各国グルメの典型をあらわすウンチクを聞いたことがありますが、これは私の生食好きは民族学文化学的にも説明できる現象であることを裏付けていますね。
IMG_2421

続きを読む

ナスとリコッタのラザニア

アメリカって日本よりも職場の人やお友達をお家に招いてお食事する機会が多いですが、食事がおいしければイイってモノではないんだとよ。奥さんがキッチンから出てこないとか、せわしなく動き回っておしゃべりできなかったりするとこっちの文化としてはダメなおもてなしってことになるんですって。なので事前に用意ができて、オーブンで焼くだけでアツアツをお出しできて、遅く来た人にもおいしく食べてもらえて、片手にお皿&もう片手にフォークの手軽さで食べられるラザニアはモッテコイのお料理です。

PICT0163

続きを読む

魚河岸揚げっぽい練り物

寒くなってきたらやっぱりおでんを食べたくなるんだけど、海外在住者にとってはおでんもなかなかに難しいですよね。練り物は数種類入れたいけど日系か韓国系のスーパーまで行かなきゃならないしけっこう割高だし。私はとくに紀文の魚河岸揚げというのが大好物なのですが、これはNYでもめったに売ってないんです。

IMG_0418
じゃあ作っちゃうぞ。

続きを読む

クレソンのポタージュ

もう4月ですが、春はなんだかけだるくて眠くて疲れた感じが続きませんか?あたたかくなったり寒さがぶり返したりする春の気候の変化に体がついていけなくなったり、長くなってくる日照時間に体内時計がとまどって軽い時差ぼけの症状になってしまうのが原因だそうです。しかし必要なときに必要なものが用意されているのが自然の偉大なところで、この手の自律神経の低調には春に萌えいづる菜のほろ苦さが効果的なんですと。

IMG_0229

春のほろにが野菜の代表格、クレソンをタップリ使ってじゃがいもでとろみをつけたポタージュをいただきまーす!

続きを読む