レバカツ

「苦手な人でも食べられます」というアオリ言葉が使われる食材としてゴーヤと覇権を争っているレバー。よっぽどな偏食でもなきゃキライなものは無理に食べなくていいじゃんと思うのですがここではあえて言わせてもらおう。レバー嫌いでもおいしく食べられる、そしてレバー好きさんなら箸が止まらないレバーのレシピです。

IMG_1373

今でこそ朝から走ったりテコンドーで足を振り上げたりしておりますが、私は小学校高学年くらいからひどい貧血で、よく朝会や体育の授業中に倒れたり銭湯でのびたりしておったのですよ・・・・貧血によいというレバーを食べさせるのに母がよく作ったレシピです。私はレバーは刺身で食べるほど大好物なのでレバー嫌いな子に食べさせるための苦心のレシピというわけでもないと思いますが、アツアツでも冷めてもおいしいレバーのレシピとして秀逸だと思います。

材料

牛レバー

小麦粉
パン粉
揚げ油
塩こしょう

IMG_1365

量は適当。食べたいだけ作ってください。

1)牛レバーはできるだけ新鮮なのを手に入れたいです。スーパーで売ってる牛レバーはたいてい冷凍していたものを解凍したものなので近所の肉屋さんで買います。ステーキ用に切ってくださいと頼むとちょうどよい厚さだと思います。日本でなら焼肉用より少し厚めくらいがちょうどいいかな。

2)それを4,5センチ程度の大きさに切ります。
IMG_1367

レバーは臭み抜きに牛乳に浸すという方法がよく使われますが、元気なレバーなら不要だと思います。塩こしょうします。

3)フライやカツを作る要領で、小麦粉ーとき卵ーパン粉の順番で衣をつけます。
IMG_1371

そうそう、最近ではアメリカのメーカーからも日本のパン粉みたいなのが出てるよね。
IMG_1368

今回使ってみたけど悪くなかったよ!

4)揚げ油を中温に熱して揚げます!

IMG_1372
ジュワジュワーー!

わりとすぐに火が通ります。トンカツなどよりはずっと早いです。モサモサせずにしっとり柔らかに揚げたいので火を通し過ぎないように気をつけて!

レバーを揚げると油はけっこう汚れるので、1,2度使った油を使ってこの後は廃棄するのがいいでしょう。アメリカでは日本みたいに使用済みの揚げ油を捨てるための商品なんかは売ってません。私は二重にしたスーパーの袋に新聞紙をわさわさっと詰めたところに冷めた油を入れて捨てています。こちらで手に入りにくいので、日本から持ってくるキッチン用品に油漉し機をおすすめします。

5)そしてこのレバカツにはソースが大事ですよ!

IMG_1370

とんかつソースとケチャップを同量ずつ混ぜ、そこにウスターソースをチョッピリと辛子を混ぜます。お弁当に使うならカツがアツアツのうちにソースをかけておくとよくなじんでオイシー♪

ちょっと切ってみましょうか。
IMG_1374

シットリいい感じに揚がってます!レバーの軽いネットリ感と甘さを楽しみましょう。

好きなだけソースをかけて、キャベツのサラダと白いご飯でイタダキマース!
レバーのまろやかな甘さと柔らかさが、サクサクの衣とピリ辛甘口のソースでめっちゃおいしくてご飯がむしゃむしゃ進むの!ドテラも大好物。

ほんとにレバーが嫌いな人でもおいしく食べられると思うし、レバーが好きな人ならレバニラ炒めとか甘辛煮とかの定番の壁を越えて見えた広い視界に戸惑ってしまうかも!レバーってけっこうレシピが限られているし、新しい一品としてぜひおためしください。

I have this recipe in English, too!
Beef Liver Cutlet


料理 ブログランキングへ

レバカツ」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: Beef Liver Cutlet | cooklikejapanese

  2. なるほど—。レバ-で<かつ>なんて思いつかなかったです。良さそう。
    日本のパン粉が特別なことに気づきました。私はいつも残るカチカチになったバゲットで作ります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中