ドイツ定番☆ニシンのマリネ

魚屋でピッチピチのニシンを見つけて、ドイツでよくある甘酢漬けにしちゃいました!

Herring 1

若いニシンを生のままで酢漬けにしたこのお料理は、春にドイツやオランダを訪れたことがある人ならきっと食べたことがあるはず。ヨーロッパで食べるニシンは北海とかで採れるものですが、今(12月はじめ)NYで売ってるのはたぶん近海のものだから解禁になる時期とかも違うんだろうね。

Pickled herringとかで検索するとレシピはたくさんヒットしますが、要は三枚におろした新鮮なニシンに軽く塩をしてから調味した酢に漬けるだけのものです。手法だけみると基本はシメサバと同じですね。

一応アニサキスについてお勉強した方がいいかもしれません。よければどうぞ。

おろし方も私はサバをおろすときと同じようにやっちゃいました。過去記事シメサバに卸し方を写真で載せています。自信ないけど。

IMG_0183

↑参考:サバ

腹骨をすき切るのも同じ。

IMG_0183

↑参考:サバ

ニシンは骨が細かいのですが、まんなかを走っている骨はそのままとらずに漬けちゃいました。そんな気になることもありませんでした。

塩は全体にパラパラと強めに降りかける程度にして、冷蔵庫で1時間。その後キッチンペーパーで染み出た水気をおさえてふき取ってから、水で塩を洗い落としたりせずに調味酢に直行させました。皮もとりませんでしたが問題ないです。

調味酢はレモンの絞り汁、酢、砂糖をそれぞれ1/2カップくらいずつ使ったらニシン6尾にピッタリでした。かなり甘いです。私はモルトビネガーとリンゴ酢しか手元になかったのですがガツンとした酸味が欲しかったのでレモンをたくさん使いましたが、このくらいでちょうどよかったです。スッパさわやか。

これに塩を小さじ1/2、マスタードシードと粒こしょう、ローリエの葉を各少々、そしてディルをたっぷり刻んで調味酢はできあがり。混ぜるだけの簡単さ。

herring 2

漬けます。

3時間くらい漬ければおいしく食べるには充分でしょう。冷蔵庫に入れておけば2日くらい持ちます。

甘酢漬けをそのまま食べるのも定番ですが、サワークリーム&オニオンもまた磐石の定番ですね。

003

刻んだ生たまねぎとディルをサワークリームに混ぜて塩こしょう。ここでも砂糖や酢、刻んだリンゴなどを味付けに使うレシピが多いのですが、水っぽくさせずにサワークリームのコックリ&マッタリ感を味わいたかったので余計なものは入れない(勇断)。

ニシンは一口大に切ってから和えてもいいのですが、前菜じゃなくメインに食べるのででかいままサワークリームで和えちゃいました。

004

ハイどうぞ!

サワークリームで和えてないのもあるよ!

005

これがまたおいしいんだ!NYでもヨーロッパ系スーパーとかに行けば酢漬けや油漬けのニシンは売っていますが、どれもこれも脂気がなくて甘ったるいもの ばっかりですよね!自分でやれば塩を軽めに短時間で作れるのでみずみずしくてニシン自体のおいしさがタップリ味わえます。レシピだけを見ると砂糖をたくさ ん使ったように思えますが、酢漬けのも、サワークリーム和えのもどちらも甘すぎず、ゆでたじゃがいもと一緒に食べるとほんとにおいしいです!キレイで新鮮 なニシンが手に入ったらぜひお試しください。

このレシピいいな!と思ったらクリックしてね。

料理 ブログランキングへ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中