カスタードクリーム

過去レシピバナナプディングなどですでに作りかたは載せてあるのですが、レシピ一覧から探しやすいよう&これから引用しやすいように独立して再掲載します。

P1010031

カスタードクリーム材料
卵黄 3個
小麦粉 25g
砂糖 50g
牛乳 250cc
バニラエッセンス 数滴

作り方
1)まず牛乳を鍋に入れ、沸騰寸前くらいまで温めます。手に入るならほんとのバニラビーンズをここでいれて、いっしょに温めるといいですね。

2)次に卵黄をボウルに入れてーーー
P1010011

砂糖を加え、泡だて器でよく混ぜます。
P1010012
光の加減でわかりにくいのですが、初めは濃い黄色だったのが、よく混ぜると白っぽくフンワリしてきます。

P1010013

3)卵黄が白っぽくフンワリしてきたら小麦粉を混ぜ入れます。

P1010015
練るといけないので粉気がなくなったらそれでよし。

4)3)の卵黄のボウルに、1)で温めた牛乳を少しずつ加え、都度よく混ぜます。
P1010016
卵に煮立った牛乳をいきなりたくさん入れるとかき玉になっちゃうので気をつけて。

5)牛乳をすべて加えたら、これを鍋に移します。
P1010018
手間でなければ一度ここで漉すとさらになめらかに。カラザ粛清。

6)鍋を弱めの中火にかけます。泡だて器で常によくかき混ぜながら加熱します。
P1010019

鍋の底からクリームが固まって来るので休まずにかき混ぜ続けます。鍋の底のふちを頻繁にゴムベラでなぞって、角の部分だけ焦げたりダマになったりしないようにします。

P1010020
ああ~、卵と牛乳のいい匂い。

7)冷めたら固くなるので充分に火が通ってもまだゆるい感じがすると思います。トローリとゆっくり落ちるくらいになるまでよくかき混ぜながら火を入れてください。
P1010022

8) 火を止め、バニラエッセンスを加えてよく混ぜたらクリームをボウルに移し、冷水に浮かべて急冷させます。
P1010023
大きな鍋に氷水を張って、ボウルを浮かべていそいで荒熱をとります。カスタードクリームは痛みやすいので特に夏場は室温でのんびり冷まさず一気に冷やした方がいいでしょう。
荒熱がとれたらラップをして冷蔵庫に入れ、完全に冷ましておきます。

9) 冷めたら一度泡だて器で軽く混ぜてほぐします。
P1010031

シュークリームやフルーツタルトはもちろん、ナポレオンパイ、トライフル、クリームパンなど、もう書ききれないほどのお菓子に使える基本のクリームです。どらやきにあんこと組み合わせるのも超好きです。

また、生クリームとカスタードクリームを混ぜて作るクレーム・ディプロマットというクリームもあります。そちらもあわせてご覧ください。

このレシピいいな!と思ったらクリックしてね。

料理 ブログランキングへ

カスタードクリーム」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: クレーム・ディプロマット | お料理ダイスキ!ニューヨークおうちごはん

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中