マレーシア風カレー

日本のカレーはもちろんおいしいけど、各国それぞれのカレーもまたそれぞれおいしいですよね。地域によって違いがけっこう大きいインドカレー、グリーンもレッドもイエローもおいしいタイカレー・・そしてマレーシア風のカレーもおいしくて、実は日本でも手に入りやすい食材でサックリつくれちゃいます。ブレンダーがないと作りにくいのがやや難点です。

マレーシア風カレーとは
乱暴に概念を把握するためだけの目的で言ってしまえば、ココナツミルクと八角とシナモンが入っていて、骨付き鶏肉で作るカレーならまあマレーシア風みたいなものが出来上がります。マレーシアにお住いの方とかいらっしゃいましたら突っ込んでください。

日本語で検索したところ、こちらのブログが詳しくて参考になりました。
マレーシアのチキンカレーについて。

材料・肉下準備
骨付き鶏肉 600-700gほど。
カレー粉 おおさじ1
レモン汁 おおさじ2
塩 小さじ1/2

カレー材料
カレー粉 おおさじ1-2ほど
唐辛子、ホットペッパーなど辛みのあるスパイス お好みの量
サラダ油、ギー、ココナツオイルなど おおさじ3-4ほど
エシャロット(タマネギで可) 200g
にんにく 3-4かけ
しょうが にんにくよりやや少ないくらい
じゃがいも 大一個
シナモン 一本
八角 一個
レモングラス 一本 なくても可
無糖ココナツミルク 一缶(400g)
ナンプラーなどの魚醤(しょうゆで可)おおさじ2
砂糖 おおさじ1-1.5
厳密な計量ではありません、おおよその目安にしてください。

作り方
1)鶏肉を大きなボウルに入れ、レモン汁、カレー粉、塩をまぶして軽くもんでおきます。

タンドリー用のスパイスだけどまあいいだろ。

この作業は前の日にやってもいいし、なんならヨーグルトも混ぜちゃってもいいでしょう。インドカレーのレシピでよく使う手法ですが、ヨーグルトの乳酸で肉が柔らかくなるとか、乳製品のたんぱく質は肉や魚の臭いを減らす効果があるそうです。私は今回冷蔵庫にヨーグルトがなかったので使ってません。

参考: meiji 乳のワザ ヨーグルト

2)肉を漬けている間にカレー本体の用意をしましょう。
まずにんにくとしょうがの皮をむき、硬いところなどを除いておきます。エシャロットは東南アジアのお料理には玉ねぎよりも多く使われているようですが、加熱しても玉ねぎほど甘くならず、より香り高いところが主な違いでしょうか。手に入りにくかったり割高だったりする場合には紫玉ねぎが良い代用になります。皮をむいて芯を取り、ブレンダーの器に収まりやすい大きさに切っておきます。

ブレンダーをお持ちでない方は、これらの材料をみじん切りにしてください。

3)日本ではレモングラスって手に入るのかな。

青い空の夏の午後にレモンとジンジャーが白いワンピース来てクリームソーダ飲んでるみたいなステキな香り・・・乾燥させたものやお茶にしたものも売っていますが、カレーに使うなら生一択じゃないかなあ。でもこのレシピではほかに使う香辛料が強いのでレモングラスがなくてもオッケです。

私が住んでいるあたりではスーパーなんかでも売っているのでよく使いますが、もし興味がおありなら生レモングラスを売っているお店のリンクを張っておきます。

レモングラス タクライ 100g 【大人気 新鮮タイ生野菜 タイ輸入野菜】 【タイ定番野菜 トムヤムクン 作りに最適!】 グリーンカレー トムカーガイ ゲンパー タックライ タカイ

4)レモングラスってどこまでむいていいのかわかんないんだよな。

なんとなく外側の乾いた感じのするのを取り除き、根に近いほうから7,8センチのところで切り、それをまた半分の長さに切っておきます。写真ではシナモンと八角も一緒に写っています。

5)にんにく、しょうが、エシャロットをブレンダーにかけます。もし生の唐辛子を使うのでしたらここで一緒にブレンドしてください。回りにくいようなら少し水を加えます。

で、レシピによってはレモングラスもここで一緒に粉砕してしまえと言っているんですよ。やってみたんですけどおすすめしません。追い追いそのへんのことにも触れていくのでお付き合いください。

6)ではいよいよ火を使いますよ!大きめの鍋に油とカレー粉を入れ、ゆっくり加熱します。

コクを求めるならバターかギーがよいでしょう。私はココナツの香りが大好きなのでココナツオイルを使いますが、サラダ油でも問題ありません。今回私はカレー用にミックスしてあるスパイスと、ターメリック、あと庭で収穫したすっごい辛いペッパーの干したのがあるのでそれを使いました。
もちろんクミンやコリアンダーなどいろいろお持ちの方はそれらを使うと楽しいでしょう。カレーほど自由かつ安全に自分の感性を発揮できる場はありません。どうやってもカレーになるんだから大丈夫、やってしまえ。

7)カレー粉のいい香りが立って来たら、ブレンダーにかけておいた5)およびレモングラス、シナモン、八角を加えて手早く混ぜます。

うわーカレーのいい匂い・・・なんだけどもなんか知ってるカレーと違う・・・なのこのエキゾチックかつ強いけども軽やかな香り・・?

8)と、いつもは上記の手順で作っていたのですが、久しぶりにレシピを書くからにはちゃんとしたものを書きたい。レモングラス、いつもは乱暴に切ったままのを煮込んでたけどブレンダーにかけたらもっとおいしくなるのかしら?と思って今回やってみたんですけど。

あれ?いつもはこのへんで油がいい感じにうっすら分離してきて鶏肉カモン的なサインを送ってくれるんだけど、なんか焦げ付きそうな気配がしますね。

9) カレー粉が焦げたら目も当てられないのでいそいで鶏肉を入れて温度を下げます。

あわわわわ慌てないで私!動物を相手するときはスピードよりも落ち着くことだって承太郎が言ってたじゃない。

10)ざっと鶏肉に油が回ったら、全体がかぶるくらいの量の水を加えます。

今回私は大きなパックで買った鶏肉の他の部分から骨を取ってそれでスープを取っていたのでそれを使いました。骨付き肉を使っているので水だけでもおいしいとは思いますが、もし初めてつくるタイプのお料理で不安を感じるなら、しょっぱくなりすぎないよう味見しながらチキンスープの素などをご自由にお使いください。

11)ぐらぐらと沸騰しない程度の火加減で、15-20分ほど蓋をして煮ます。

12)その間にじゃがいもの皮をむき、一口大に切って水にさらしておきます。

13)15-20分ほどたったところでじゃがいもを加えます。ビーフシチューみたいに長々と煮込む必要はなく、煮締まりすぎず肉がふかふかジューシーなくらいでいただけるとおいしいのですが、骨付き肉は思ったよりも火が通るのに時間がかかったりもします。お使いの肉の部位によって必要な加熱時間が変わってくると思いますが、一般にモモ肉よりは手羽元の方が時間がかかります。

14)肉にしっかり火が通りじゃがいもが柔らかくなったらいよいよ仕上げますよ!ココナツミルク投入!

やっほう!

15) 味見しながら魚醤、砂糖、塩で味を調え、お好みでホットペッパーなどで辛みを加えます。魚醤がなければ醤油でよし。
ゴードン・ラムゼイのレシピでも醤油と魚醤と両方使ってるし。


あれ?なんかすごい苦い。なにこれこんなことはじめて。

で、後ほど調べてみたのですが、レモングラスは加熱しすぎると苦みが出るらしいです。今言うなよ。あっつい油で炒めてしまったことが原因か。

結論としては食べられないほど苦くないし健康効果もあるそうだけど、やっぱりレモングラスは一緒にブレンダーにかけるよりは切ったなりで使ったほうがいいと思います。カレーを食べた時に大量のおろししょうがが入っているようなザラザラした舌触りになるのもやや気になりますし。

そして一緒にいただくならお米が定番ですが、ロティという薄焼きのパンのようなものもお勧めです。とろみの薄いカレーにこれを浸していただくととてもおいしいのです。

インド食品のお店で冷凍のものがよく売っています。私は全粒粉のよりもくちどけの良い白いものをつい選んでしまいます。

【冷凍便】カーツ ロティ・プラタ 75g x6枚入/1袋 マレーシア産

ではいただきます!

うん、苦い!でもまあおいしくなくはない。でもいつも作ってるののほうがずっとおいしい。そしてレモングラスよりも、シナモンと八角がマレーシアっぽさを底支えしてくれています。固形の野菜の入っていないこの手のカレーにおいては、じゃがいものほっくりした甘味と食感がとても好ましい。
手に入るならカレーリーフとかも使うとより本格的になりますが、このカレーはほんとに簡単なので毎日の献立のレギュラーにぜひ取り入れてもらいたいし、そのためには手に入れやすい食材で気軽に取り組んでもらいたいと思います。ぜひお試しください。

近況
お正月あたりにブログを再開しますとお知らせして、3月に入ってやっとレシピをアップできました。
みなさんから優しいコメントをいただいてほんとにありがたくうれしく思います。ありがとうございます。

今回のレシピではレモングラスを苦くしてしまい、お料理としては失敗だったのですがこの時にはじめて「これでまた書ける」と思えました。ただ材料と作り方を羅列するのでなく、お料理が楽しくてその楽しさを臨場感を感じてもらえるように書くのが楽しかったの思い出した・・みたいな。ちょっと泣きました。

できるだけ自分に負担にならないようにしているので不定期な更新になってしまいますが、こんなものでもどなたかに楽しんでもらえればこの上なくうれしく思います。読んでいただいてありがとうございました。


料理 ブログランキングへ

マレーシア風カレー」に4件のコメントがあります

  1. 欧州在住です。Yu さんのレシピや、書き方が大好きです。Yuさんのチキンスープはよく作ります。そして時々、ワッフルとフライドチキンとメープルシロップの記事は、面白くって時々見に行ってしまいます(笑)
    しばらくのご無沙汰は、お辛い経験をなさっていたのこと… 胸が痛みました。そして、また元気になられたとのこと、心から嬉しく思います。また楽しみにしています!

    マレーシア風カレー美味しそう! レモングラスを攪拌して、お茶(ダシ?)ネットに入れて煮込む際に入れて、あとで取り出すってのでも良さそう〜なんて思いました。

    一度お聞きしたかったんですが、Yu さんの、KFC的フライドチキンのレシピとか、あるのかしら? もしおありだったら、是非いつか載せてくださいね!

    1. Matou Moscoviteさん、コメントありがとうございます。
      お茶パックを使うのはいいアイディアですね!レシピが改良できそうです。

      KFCのチキンですが、数年前にオリジナルのレシピが公開(ていうか漏洩)されたときに作ってみたりしました。
      https://www.chicagotribune.com/travel/ct-kfc-recipe-revealed-20160818-story.html
      これも面白いのでいつか書いてみたいと思っています。

  2. 初めてコメントさせていただきます。Yuさんのお料理ブログ、味のある文章が大好きで時々のぞかせていただいてました。レシピも本当においしくて、何度もお世話になっております。こちらのブログが再開されていて、また楽しみができました。
    大変なことが続かれたのですね。私も同じような経験がありましたので、お元気になられたこと、心から嬉しく思います。Yuさんのペースでお料理ブログ続けていかれてくださいね、楽しみにしています。

    1. 優しいコメントありがとうございます。
      こうしていただくコメントが、ほんとうに励みにも癒しにもなっています。ありがとうございます。またいらしてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。